コンテンツへスキップ

福岡で髭脱毛。医療レーザー脱毛ができる病院のおすすめ

髭、邪魔です。若いころは髭を生やすのに、憧れやファッション性、男らしさや、大人らしさ、ダンディー、紳士的装いを求めていました。学生時代はサッカー部にいたのですが、大会で勝ち続けていたので、友人が験担ぎに「負けるまで髭は剃らない」としていましたが、交際していた彼女から不評を受けていました。

チームのみんなからは「洒落てるな。」など、またどんな伸び方をするのかも楽しみでした。一応は校則で髭は禁止になっていたので皆は伸ばしませんでした(というかあまり伸びないころなのですね)。私は高校を卒業してすぐ金融関係の会社に就職したので辞めるまで髭は伸ばせませんでした。ずっと規則で剃っていたので、伸ばすことに興味がありました。

23歳の時点で会社を辞めてからすぐ、半年間就職せず、髭を伸ばしましたが1センチも伸びませんでした。しかし、彼女をはじめ女性人からは不評でした。母や妹も反対でした。「汚い」と扱われてました。母はそれにも増して「髭を生やす人はスケベ」とも言ってました。どんな理由があるのかは分かりませんが…。その後、会社に勤めるのですが、勤めようが勤めまいが、仕事でも休みでも邪魔になってくるのですね。35を過ぎたころからでしょうか。

休みの日、「わざわざ誰にも会わないのに剃る必要もないだろう」と、めんどうでもあるので、構わずに過ごすことが多くなりました。しかし、休み明け、急にどうやって生えたのか、喉のところに長いのが髭を剃っても残るのです。電気剃刀では剃れないので、抜いたり、刃のついた剃刀で剃ったりもするようになりました。しばらく何年かは休みの日は剃らない日が続きましたが、いつも休み明けの髭剃りが嫌になってくるのです。めんどうで。また40を越えてくると、髭にも白髪が生えてくるので見つけるのに苦労しますし、抜くとなると見えないのです。老眼もあります。そしてその剃れた気持ちよさと面倒さとの兼ね合いが続くのです。

いつも思うのですが「永久脱毛できないか」と。何度か調べてみたりするのですが、いろんな意見や考えが出てきます。「失敗したらどうしよう」という怖い感覚もあるので踏み切れないのもあります。いつも調べるときに参考にするのサイト⇒ヒゲ脱毛福岡

あとは信頼性と値段、機会でしょうか。決断できればいいのですが…。要らないのは変わらないと思います。爪を切るのも面倒です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です